ミヤコドリ  3月11日(土曜日)
ハトより大きく、足とくちばしが赤い。
全長:45cm
くちばしは縦に平たく、二枚貝をこじあけて食べるのに適している。干潟や海岸の岩場に飛来するが、少ない。冬を越すものもある。詩歌に詠まれた都鳥はユリカモメといわれる

和白干潟へ干潮3時10分  大潮
潮干狩りの人が多かったです。
大潮とあってかなり遠くまでひいてました。
f0083611_1722113.jpg


ミヤコドリはその向こうでしたのでかなりのトリミング画像です。
f0083611_17234670.jpgf0083611_17241060.jpgf0083611_1725194.jpg
f0083611_17254061.jpg
f0083611_17261463.jpgf0083611_17263778.jpg
f0083611_1727270.jpg

[PR]
by egawa62k | 2017-03-13 17:32 | Comments(0) TOPに戻る


<< 3・12  油山ブラリ ガバナビリティとは >>